カードローン

カードローンについて

カードローンとは、銀行もしくは協同組織金融機関が発行するカードを指し、契約した貸出枠の範囲内で、CDやATMなどから気軽に資金を借り入れすることができます。ATMやCDに関しては、金融機関が提携して設置するものについても利用が可能です。カードローンで利用するカードには、普通預金口座のキャッシュカードで併用できるものと、新たに発行される専用のカードがあります。カードローンは、急なお金が必要になった際、手持ちの現金がない時に便利で、コンビニのATMなどから24時間いつでも利用できます。また、翌日、コンビニなどで返済すれば、銀行の時間外手数料よりもお得です。ネットを使えばいつでも入金、返済が可能で、年会費などもいりません。即日融資やスピード審査が可能なカードローンなら、申し込んだ当日に融資が受けられ、迅速なサービスを堪能できます。急に決まった飲み会などの出費などにもすぐに対応できます。無担保、無保証で保証人も必要ないので、手軽で便利です。カードローンは、金融機関が指定する保証会社などが審査をするので、保証人は不要ですが、審査の結果、保証会社の保証が受けられない場合は利用することはできません。

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違いは、支払い方法にあります。カードローンの場合、リボ払いの支払い方式になりますが、キャッシングは、翌月一括返済です。カードローンは、毎月、借りたお金を分割した額に利息分を足した金額を返済していきます。一方、キャッシングは、翌月に借りたお金と利息を足してまとめて返済します。カードローンとは、一定の限度額の範囲内で、自由に繰り返し借りることができる融資で、返済方法が一括払いではなく、分割払いになっています。基本的に、長期的、計画的な融資のことを指します。キャッシングとは、クレジットカードなどに付随したカードで、ATMやキャッシュディスペンサーから現金を小額から借りるこができます。キャッシングは、翌月全額一括払いなので、すぐに全額返済できる人に向いていて、カードローンは、毎月分割返済なので、経済的に余裕のない人でも利用できるメリットがあります。キャッシングは、基本的に、翌月全額一括払いなのですが、最近では分割払いやリボ払いなどができる金融商品が登場してきています。そのため、カードローンとの違いがほとんどなくなりつつあります。

クレジットカードとキャッシング

クレジットカードを利用するのは、今や常識になっています。現金を持たなくてもクレジットカードが有れば買い物が出来ちゃうんですからね!私もクレジットカードを数えきれない位もっています。ビザカード・JCBカード・マスターカード・イオンカード等々・・・ガソリンを入れる時もカードを利用しています。
カードを使うとポイントが付いたり、割引が有ったりしますから便利です。そして何と言ってもキャッシングも利用できる事が嬉しいです。急な支払があったりしても、コンビニのATMですぐにお金を借り入れ出来ちゃうですから。要するに即日キャッシングが可能と言うことです。一般的なクレジットカードではショッピングで30万円位が利用限度額でしょう。キャッシングの限度額もショッピングと同じ位の利用限度額です。しかも、限度額を使い果たしても返済すれば又30万円まで利用することが出来ます!
急な物入りやお金が必要になった時は消費者金融で借りるのも良いですが、全ての消費者金融で即日にキャッシングが利用できるとは限りません。既に消費者金融のキャッシングカードを持っていれば別ですけど。金利は信販会社も消費者金融もほぼ一緒なので、利用する際にはどちらでも良いのではないでしょうか。私はクレジットカード派ですけどね。